記事リスト

インテリア

素朴で可愛らしい印象

南欧スタイルとも呼ばれるフレンチカントリーの建築様式は、外壁や内装に漆喰や石を使った素朴さが人気です。屋根はフランス瓦と呼ばれる素材を使うことが多いのですが、日本の瓦との最大の違いは多色で使うこともあることです。

詳しく見る

ドールハウス

自分で選んで楽しめる趣味

ヨーロッパから伝わってきたドールハウスは、元々は子供の玩具の一種でしたが現代では大人も楽しめるクラフトとして知られています。日本に入ってきたのは1970年代頃からですが、今では洋風なのも和風なものも人気があって趣味として楽しんでいる人が多いです。

詳しく見る

部屋

現代の生活スタイルに対応

和服が日常的な衣服とされていたころは、湿気に強い木材のキリを使った箪笥は必要不可欠な存在でした。嫁入り道具として高級ブランドである府中家具は、広く知られており有名です。箪笥を以前ほど必要としなくなった現代ですが、生産スタイルを柔軟に変化させることで府中家具は今も愛好者が多くいます。

詳しく見る

部屋

部屋を彩るインテリア

オーダーカーテンを通販で買う際には、各サイトをきちんと比較することが大切です。デザインのバリエーションや使われている生地、価格帯と納期を基準にして、依頼するサイトを選びましょう。きっとお気に入りのカーテンを作ることができますよ。

詳しく見る

ブラインド

カーテンを凌ぐ人気

最近、窓カーテンの代わりにブラインドを設置する家が増えています。無味乾燥なイメージが強いブラインドですが、通販サイトでは美しいデザインの品も豊富です。お店でお気に入りが見つからなくとも、通販サイトを見れば、確実な一品が手に入ります。

詳しく見る

古代エジプトに既に存在

女性

光と陰のコントラスト

建物には採光や通気といった目的から、必ず窓を取り付けますが日本でガラスがはめ込まれるようになったのは昭和に入ってからです。ガラスの存在は画期的で、採光性が一気に上昇し人々の生活にも大きな影響を与える存在になります。しかし窓にガラスをはめ込んだことで、外からは丸見えになりプライバシーの点で問題が起こりました。問題を解決にはカーテンかブラインドを取り付けることで、目隠しになりプライバシーを守ることができます。どちらかというと一般家庭ではカーテンで、ブラインドを取り付けるのはオフィスというイメージがありました。近年になってこのイメージが覆るようになったのは、生活スタイルの変化とドラマや映画にブラインドを取り付けた部屋が登場したからです。人々は家庭でもブラインドが、違和感なく受け入れることができるのを認識し始めたことに端を発します。カーテンと違いブラインドは、紐を使いスラットと呼ばれる帯状の板を動かすことで、採光の量を調整できるのです。微妙な調整によっては、光と陰のコントラストを楽しめるのもブラインドの魅力になっています。近年になって周知されるようになったブラインドですが、実はその出自は古代エジプトの王朝時代にまでさかのぼれることをご存知でしょうか。葦を繊維でよりあわせて当時の、戸口や窓などの開口部に取り付けることで強い日差しを遮っていたのを、ペルシアの商人がその有用性に気づいたのです。商人はさっそく商品化し、近隣諸国へと販路を広げていった結果が現代のブラインドの原点になっています。古代から伝わってきた有用性の高いブラインドを、現代家庭でも活用しましょう。

Copyright© 2018 ブラインドの特徴とその役割【有用性の高いアイテム】 All Rights Reserved.