記事リスト

現代の生活スタイルに対応

部屋

柔軟性があるアイデア

日本の各地に府中という地名が複数存在していますが、その理由は古代において国司が政務を行う施設があったことに由来していることをご存知でしょうか。広島県南東部に位置する府中市も、古代に備後国府が設置されていた場所だったために府中が地名についたのです。江戸時代には手工業が盛んな土地に発展しましたが、キリの産地であることから木材の加工で有名になりました。嫁入り道具の一つとしてキリを使った箪笥が有名になり、今では府中家具は高級家具としてのブランドを確立するまでになったのです。キリという木材は日本国内で取れる中で、最も軽くまた通気性がよいので狂いが生じにくいという点で重宝されてきました。また湿気が逃げやすい材質は、中に入れている品物の保存性が高いという点でも多くの人に愛されてきたのです。しかし戦後になると多くの人が和から洋へと、生活スタイルを変えていったため従来の商品では需要が少なくなりました。キリを植栽して加工産地しているのは複数ありますが、府中家具は他産地とは違い生産スタイルに柔軟性があるのです。府中家具は複数の業者が力を合わせて、アイデアを出し合い他産地とは違う独自路線を打ち出しています。例えば協同展示をし市場開拓と広報に努めながらも、厳密な定義を設けていないことがあげられるのです。素材を吟味し確かな技術で洗練された仕上げをモットーとしている府中家具は、品質の良さと量産を両立させています。市場開拓するにあたって、産地組合を介さずに直接販売する販売網を確保していったことも注目に値することです。

Copyright© 2018 ブラインドの特徴とその役割【有用性の高いアイテム】 All Rights Reserved.